やけどをした時、病院へ行くか家で様子を見るかの基準は?

 

火災のニュースが増えてきましたね。

今回は「やけど」=熱傷 についての記事です。

 

やけどが増える時期

 

本格的な冬を迎え、寒くなってくると職場(病院)では

「そろそろやけどの季節だね~」という話題が出てきていました。

重症熱傷なども受けていましたので様々な熱傷患者さんに出会いました。

 

年末~年始にかけて火傷で搬送される方が多くなる時期です。

火事だけでなく、暖房器具や熱湯を使う機会が増えることもありますが、

中にはいろんな理由で灯油をかぶって・・・・・という方も。

 

子どものやけどは要注意

子どもさんの場合は

・ラーメンのお湯

・シャワーの温度が高くなっていたのを知らずに使って・・・

という日常生活の中での受傷が多かったです。

 

火傷は主に受傷範囲と深さで予後が左右されます。

 

湯たんぽでやけど?

 

カイロ、湯たんぽなどでも低温やけどはおきますので

使用時は本当に気をつけてください。

 

湯たんぽの場合は範囲が狭くても

深いやけどになっていることが多いので要注意です。

 

ちょっと特殊なケースでしたがお風呂の追い炊きで・・・という方もいらっしゃいました。

低温やけどが疑われる時は必ず病院へ

見た目よりも重傷な事がありますので

念のため受診された方が良いと思います。

 

 

やけどをした時は…

 

もしもやけどをしてしまった時は、とりあえず冷やす!!

流水で冷やすのが基本です。

 

受傷部位にもよりますが、水道から直接かけるとかなり痛いので、

桶などに水をためて患部を浸し、水を流し続ける・・という流水解凍のような形で冷やすのが良いと思います。

 

そして、薬などは塗らずに病院を受診してください。

 

特に味噌とか油を塗って受診するのはやめてねヽ(;´ω`)ノ

まず、それらを除去することから始めないといけないので時間もかかるし痛みも増えます。

 

 

病院に行く目安は?

 

受診の目安は水ぶくれになってしまった・・・というくらい。

皮膚の表面が少し赤くなるだけ、くらいなら家で様子を見て大丈夫かと思いますが、

この場合でも範囲が広いときは念のため受診された方が良いと思います。

 

目安としては腕一本、足一本でしたらこれくらい・・と思わずに病院へ!

特に小さい子どもの場合は体も小さいので

腕1本でもかなりの受傷範囲になります。

 

片腕で約10%に数えられます。

受傷面積が大人であれば20%、子供では10%を超えると生命の危険があります。

 

水ぶくれができる状態ですと、破れた時などに感染の危険がありますので

きちんとした処置を受けることをお勧めします。

 

やけどの治療は「形成外科」が担当します。

(皮膚科などで診るところもあるでしょうが重傷なものは形成外科で診ることが多いと思います)

 

冬だけじゃないやけどの危険

 

冬に限らず火傷の危険性は年中いたるところにありますので

本当に注意が必要です。

夏はバーベキュー、墓参りや仏壇のろうそくで・・・という事も多いです。

 

 

何度も手術が必要になることが多く、

治療にも痛みを伴う事が多いので

まずはやけどをしないように十分気をつけましょう。

 

 

火を使う周囲は片付けを

 

キッチンのコンロ

ストーブやヒーター

卓上や野外でのカセットコンロなどの周囲

お湯を入れたポットなど…

 

周りにモノが落ちてきたり、引火しないように十分整理整頓をしましょう。

 

ベッドサイドに置いていた電気ストーブに布団がかかってボヤ騒ぎ…

という事が私の身近でもありました。

カップラーメンを作っている途中にひっくり返してやけど、という事も多いですよ。

火を使わないから大丈夫、というわけでもないので十分気をつけましょう。

 

 

 

 

予想通りにスッキリ!

ナースとしての知識を求められてのご依頼でした。

それに加え、義実家の片付け経験を…という事で。

ns

■K.Iさま 40代  自宅介護中■

どんなことでお悩みでしたか?

1年間サポートしてきたけど、
自分達のやってる在宅介護ってどうなの?

要介護5の先には何がある?

+同居しているお義母さんの片づけに対してのモヤモヤ。
◆何がきっかけで知りましたか?

ライフオーガナイザーとして参加したイベントだったか、
ブログだったか。

◆すぐに相談しましたか?

割と早くお茶会に申し込みました。

決め手は何でしたか?

片付けナースのナースな部分でも私の状況を理解した上で、
暮らしの質を上げるためのいいアドバイスがもらえそうな所。

◆今回のご感想は?

予想通りにスッキリ!

医療的な事がいちいち説明することなく通じるので、
お話しするのが楽でした。

まずは明日の介護当番の時間を有効活用し、
介護ワゴンの改良点を探してみます。

そしてお義母さんと片づけの話をする際のヒントももらえて気がラ
クになりました。

参加して良かったです。

 

まずは、「介護」について現状をうかがって気になっていることについてお話し。

家庭で介護する際のちょっとしたポイント、テクニックについてお話ししました。

1年近く家庭で介護されているし、きっとご存知かも…

と思っていたことですが、「知らなかった」という事もあり、

お話しできてよかったな~、と思いました。

 

ちょっとしたことなのですが、日々の生活や介護に生かせることなので

ぜひ、取り入れてみてくださいね。

 

一緒に介護されているご家族の健康状態、

日常生活で気を付けておいた方が良いことなどについてもお話ししました。

 

そういう注意点などについてはブログの記事にしていることも多くありますが

相談に見えた方の状況に合わせてお話ししています。

一般的な事ではありますが

「自分の事」として知っておくのと知らないのでは、

早期発見や、日常生活をスムーズに過ごす事ができる、

という点で違いが出てくると思われます。

プライバシーの問題もあり全部をブログ記事に…という事はできません。

片付け経験についてはブログ記事にしていない部分も。

そういう部分についてお話ししました。

お世話する人、される人が気持ちよく過ごせるお部屋づくり

 

看護師として10年近く救急(ER、ICU)、外科系を中心に病院勤務をして参りました。

救急外来も担当していましたが、

「家庭内の事故」で悲惨な状況になっている方が大変気になりました。

「え?そんな事で?」

と思うようなことが命にかかわるような事故のきっかけになっている事がありました。

hp

家の構造などに関しては、リフォーム、バリアフリー化などで対応できますが、

床にモノがあふれ、

地震があれば崩れてきそうなモノの中では再び事故の原因となってしまいます。

何より日常生活に支障が出てきます。

 

環境整備は基本となる事ですが、

生命の維持に重きを置かれる世界では二の次にされがちです。

「ライフオーガナイズ」を通じて少しでも

快適で安全な生活環境を作るお手伝いがしたい

と思うようになりました。

 

人工呼吸器、人工透析器、輸液ポンプなどをはじめとした

様々な医療機器を扱っておりましたので、

在宅で医療機器をお使いの方の

病床、環境整備のお手伝いもさせていただけたら嬉しく思います。

家庭での介護、看護に必要な物品の配置とストック品の管理、運用方法など

状況に合わせてわかりやすく使いやすい仕組み作りのお手伝いをいたします。

 

個人での活動ですので看護・医療行為はできませんが、

安全に配慮し病床整備のお手伝いをいたします。

緊急時には一次救命処置を救急車、医療機関に引き継ぐまで行います。