安心していろいろ話すことが出来たのはとても良かったです

お仕事が超多忙ながら持病もあり体調が不安な方の「お片付け相談」でした。
 メールセミナー、メルマガ、ブログを読み込んで、連絡をくださいました。

年齢も同じ、私も同じような気になることもあって親近感アップ(^^♪

■Iさま 40代女性 健康に不安がある超多忙なワーキングウーマン ■
どんなことでお悩みでしたか?
引っ越し以来の荷物を片付けることができず困っていました。
◆何がきっかけで知りましたか?
ブログを見て

◆すぐに相談しましたか?

なかなか相談できず、まずはメルマガ登録をさせていただきました。そのメルマガやブログを読ませていただくうちに、三浦さんの思いやお人柄などが分かり、お願いしたいなと思いました。

決め手は何でしたか?

持病がある為、家での療養を快適するための片付けにも関心がありました。
片付けに関するお仕事をされてる方は増えていると思いますが、看護師の資格&経験をお持ちの方はなかなかいらっしゃらないと思います。又、「片付けナース」のネーミングがすごく響きました。

実際に利用してみていかがでしたか?

約2時間、思ってた以上にとても丁寧なカウンセリングでした。ただ話を聴くだけではなく、私の利き脳や体調を含めての状況などを分析していただいて、まずどのように何をどこからするべきなのかという具体的なご提案をいただいたのは、とてもモチベーションアップにつながりました。

また体調を考慮しての作業時間の計画なども非常にありがたかったです。
三浦さんご自身が今までのご経験の中で培われてきたスキル(信頼関係構築力やコミニューケション力、特に受容力)がある方なので、安心していろいろ話すことが出来たのはとても良かったです。

 

アンケートの結果をいただき、思わず涙がこぼれてしまいました。

「片付けナース」としてやってきてよかった。

私の存在を必要とする方に巡り合え、少しでもお役に立てたことが本当に嬉しく

今後の励みになりました。

Iさま、ご多忙中のご依頼、アンケートへのご協力、ありがとうございました。

アンケートに書き添えられたこの近況がまた素晴らしいのです!

「先日、三浦さんにアドバイスいただいたことを参考にしながら、○○だけ自分で整理してみました。

好きを基準にすると選ぶ事が出来ました。
また自分の好みがよくわかりました!」

生活していく上での優先順位、というものが人それぞれにあります

私自身は、

1、健康

2、仕事

3、家庭(プライベート)

という順番で予定を優先させています。

独身の頃は2、1、3という順番でした。

仕事はつつがなく進行し、信頼も収入も得られましたが、いつも疲れていました。

若いころは少々無理しても気力と体力で頑張れましたが

年齢を重ねてくると、どうしても無理が生じてきます。

あれもこれも欲しい!

ではどれも中途半端になるどころか失ってしまう場合も。

実際失ったものも多くあります。

そういう部分でIさまもやるべきこととやりたいことは山ほどあるのに体調不良も相まって思うように動けないジレンマのようなものがあるのではないかと感じました。

Iさまへのヒアリング分析結果から一部抜粋します

「好きな物、使用頻度が高いものとそうでないものをしっかり分けて、置き場所を決めることができれば物が増えすぎたり、使いたいときに見つからない、というストレスが無くなると思われます。

全てが混在していることが、整理しにくい減らせない、という原因になっているようです。

何をどれくらい持っているか、一度自分で把握することで自分の好み、買い物のクセなどがわかると思います」

 この部分を受けて早速行動に移されたIさま。

「行動する」という事はなかなか簡単にできることではありません。

今回の相談がきっかけとなり、無理のない範囲で行動し

理想の空間の実現に一歩近づくことができました。

行動のきっかけに一役買えたことがとても嬉しいです。

今後も精いっぱいサポートさせていただきます。

あっという間の2時間でした

 メールセミナーを受講されている方の「お片付け相談」でした。
 受講を始めた時から、ワークにマメに取り組まれ、
その結果をメールでお知らせしてくださいました。

 

理想の生活や、好きなこと、大切な事についてのメールは
私もワクワクしながら読ませていただきました。

 

メールの文面から、季節感を大事にし、家族や友人を大切にする優しい方なんだろうな~(#^.^#)
と思っていましたが、ドンピシャ!
想像通りの優しい方でした。

 

■Sさま 40代女性 片付け迷子さん(?) ■
どんなことでお悩みでしたか?

家族が片づけてくれない事。
食器棚の収納について悩んでいた。

◆何がきっかけで知りましたか?
ライフオーガナイズのサイトから、知りました。

◆すぐに相談しましたか?
最初は、ブログを拝見して
そしてメールしました。

決め手は何でしたか?
同じ市内に住んでいる事

実際に利用してみていかがでしたか?
とても話しやすくて、楽しかったです。
今日はあっと言う間の2時間でした。
自分のタイプなど知れて、勉強になりました!

 

Sさまは、ライフオーガナイズを知る前に
ほかの片付けのプロの方のサービスをご利用でした。

物によってはとても効果的に「減らす」ことができたそうです。

だけど…

大好きな食器については難しかった、と。

お話し通り、「大好き」が詰まった素敵な食器棚でした。

cropped-1-1.png

「減らす」ことで、出し入れもしやすくなり
スッキリ見えることは事実です。

「捨てない」から始める「ライフオーガナイズ」ですが、

◆何をどこに置くか
◆どんなものをどれだけ持つか
◆片付いた状態をどうやって維持するか

という事を進めていく中で多すぎるモノを「減らす」という作業は欠かせません。

 

「捨てましょう」
「必要ですか?」

いきなり聞かれても
「好きで必要だから…」としか答えようがない方が大部分ではないでしょうか。

私たち「ライフオーガナイザー」はいきなり「捨てる」ことをすすめたり
強要することはありません。

 

自分で納得して「処分」できるようにじっくり向き合います。

そのために参考になるのが「きき脳」、「行動チェック」。
自分の行動や、思考の癖がわかるので
あなたに合った片づけの方法がわかりますよ(#^.^#)
家族との違いが分かったことで
「す~っと」気持ちが楽になった、という方も多いです。
きき脳は、簡単に調べることができますが、「行動チェック」はチェック項目が多いので
「お片付け相談」を申し込まれた方のみ行っております。

 

Sさま、相談後1か月メール、電話等にて追加料金なしでフォローしますので
ご利用くださいね。

 

 

 

きき脳「左左タイプ」計画上手な理論派

指を組んだ時、左の親指が下になる。
腕を組んだ時、左腕が下(体に近い方)に来る、という方は
インプット、アウトプットともに「左脳」

「左左(ささ)タイプ」です。

kikinou

左脳」タイプの特徴として

論理的、分析的、几帳面、コツコツタイプ

という事があげられます。

「片付けは得意」という方が多いといわれています。

そういうと、
え~?全然当てはまらない~・・・(´・ω・`)

という方、多いです。

そういう方は、
片づける時間が取れなかったり、
そもそも片づけの優先順位が生活の中で低い、

といったことなどが原因の事が多いです。

モノだけではなく、いまの生活状況を振り返ってみてください。

モノの整理はもちろんですが、時間管理が必要とされている場合も。

モノが多くて・・とお悩みの方も「左左タイプ」の方は
いざとなると「要・不要」の判断が早い方が多い
です。
始めると意外に早く片付くと思いますよ(o^-‘)b

その他の特徴としては…

・数字や文字情報の方が把握しやすい

・見た目よりも機能性、合理性を重要視する

・たくさんの色や音はストレス

…いかがですか?

 

納得しないと行動できないという論理的な方です。

自分で納得いく方法が見つかり、仕組みができればいつもきれいな空間を保つことができますよ(^^♪

 

きき脳「右左タイプ」見た目重視の完璧主義者

指組で右の親指が下に来る
腕組みで左の腕が下(体に近い)に来る方はインプット右脳、アウトプット左脳

「右左(うさ)タイプ」です。

kikinou

物事を感覚的にとらえ(右脳)、緻密さをもって(左脳)表現しようとする。
…イメージを優先するけれど実現が難しく行動できなくなるタイプ。

一言で言い表すと・・・
見た目重視の完璧主義者

何事も「自分で」決めたい
デザインセンスがある
「最新」「限定」に弱い

見た目にこだわり「美しさ」を追求

といったような特徴があると言われています。

このタイプの方は「形から入る作戦」がおススメです。

通常は、モノの整理をして置き場所なども決めてから収納用品を購入することをおススメしますが
このタイプの方は「先にお気に入りの収納用品をそろえる」ことでモチベーションが上がりお片付けが進むタイプと言われています。

持ち物を厳選し、仮置きをして使い勝手を確かめてから収納用品を購入されたほうが無駄はないと思いますが。
何を隠そう、片づけで一番多く出るごみは「使わなくなった収納用品」というケースは多々あります。

拘りすぎるあまり作業が終わらず、もう嫌になってしまうケースも多いですね。
そんな時はお気軽にライフオーガナイザーにお声かけくださいね☆

私の夫がこのタイプです。
カタチから入る作戦は絶大な効果をもたらしました(*^-^)b

きき脳「右右タイプ」楽天的な感覚人間?

指組で右の親指が下になる

腕組みで右の腕が下(体に近い)になる、という方はインプット、アウトプットともに「右脳」

「右右(うう)タイプ」です。

 

右脳の特徴としては、感情的、芸術的、直観的な働きがあげられます。

なんかいいかも!(・∀・)

で行動に突っ走ることが多いタイプ
妄想空想も得意です。
10年後、20年後の夢などわりとスラスラ出てくるのでは?

kikinou

気分に流されやすく本気でやる気にならないと集中力が続かなかったり。

出したモノを元に戻すのが苦手だったり・・・。

これはただ「だらしない」というわけではなくて
すぐに使うものはすぐとれるようにしておきたい!

という根拠あっての事なのです。

クローゼットや洋服タンスの中はガラガラなのに部屋中に洋服をかけている・・・
という事もあるかも。

こういうタイプと、
何事もキッチリ!出したらしまう!
を徹底しないと気が済まない左脳タイプの方が生活を共にすると互いにストレスかもしれませんね。

歩み寄ることも大事ですが
「そういうものなのか・・・」と割り切ると互いに楽になれるかも。

右脳タイプさんにはなるべくワンアクションでできる収納がおススメです。
フタをあけたり、扉を開閉したり・・・という動作を極力減らす。
使うモノは使う場所に置いておく。
生活動線を考えた収納を考えましょう。
ビジュアルにもこだわるタイプなので気に入ったかごやバスケットなどを利用したざっくりとした仕分けが使いやすいと思います。
細かく分けすぎると面倒になってしまうタイプです。

片付け苦手~、という方が多いと思いますが
美的センスに長けている方が多いので、「美しい」収納システムを作り上げることも可能です。
「好き」「使いやすい」を大事にして、自分の世界を作ることができるタイプです。

かくいう私も「右右タイプ」
長年左脳系家族に囲まれ、仕事も根拠と規律を重視される職場だったので、かなり左脳的な行動が多くなっているように思いますが。
一見「右右らしくない」とはよく言われます(^^;

私の場合は自分と家族が「使いやすい」「心地良い」
という事を重視しています。

オシャレな家ではありませんが夫と二人、割と快適に暮らしています。
そろそろビジュアルを追求したいと思っているところです。

「きき脳」~脳の働きとお片付けの関係は?

「きき脳」とは・・・

人には利き手や利き目・・・など無意識によく使っている方がありますね。
行動するには「脳」が情報を取り入れ判断し、指令を出しています。
感覚的な右脳
理論的な左脳
普段の行動がどちらよりかな~、ということで
その方の行動の傾向
得意、不得意な傾向がわかる。

普段どちらを優位に使っているかということで情報の得方や行動に影響がある、という説があります。
片づけや収納にその結果を生かしましょう
ということが「利き脳」を取り入れたお片付けです。

 

きき脳チェックでは情報の得方や行動が右脳的か左脳的か、という事を調べます。

 

インプット~情報を取り入れる働き

アウトプット~インプットした情報を基にした行動

という風に考えてください。

 

これを「片付け」に当てはめると

インプット~モノを探す時

アウトプット~モノを配置する、元に戻す

という事になります。

kikinou

 

■きき脳の調べ方■

指組み・腕組みでチェック                                   インプット→指組:親指の位置が下になった方
右親指が下なら利き脳は右脳

アウトプット→腕組み:体に近いほうの腕(下になった方)
左手が下になったなら利き脳は左脳                    上記画像のイラストでは右が下=アウトプット 右脳

 

右と左の組み合わせで4通りに分類できます。

・インプット右脳 アウトプット右脳 → 右右タイプ

・インプット右脳 アウトプット左脳 → 右左タイプ 

・インプット左脳 アウトプット左脳 → 左左タイプ

・インプット左脳 アウトプット右脳 → 左右タイプ

 

「きき脳」に関しては様々なご意見が出ると思います。
私も正直「ふ~ん…」という気持ちでした。

自分や周囲の人、お客様などのきき脳を実際の行動と共に見ていると
「確かにそんな傾向はあるな~」
と思うようになりました。

この「きき脳」は親子兄弟といえども同じではありません
まさに「個性」といって良い部分であるかもしれません。

「あるある~」という部分と

「そうかな~」と思われる部分があると思いますが、大体の傾向として参考になる部分を取り入れてもらえば「片付け」がしやすくなります。

きき脳の違いから互いの違いを知る、ということでストレスが軽くなった
というお話もよく聞きます。

各タイプで使いやすい、と言われている収納用品の選び方、使い方もあります。

それぞれのタイプについては別記事でご説明します。

[開催報告と参加者様のご感想]親の家を片付ける前の作戦会議

お盆休みに入る前に「親の家を片付ける前の作戦会議」というテーマで

茶話会的なグループコンサルを開催しました。

■参加された方の感想■
・良かった 具体的に明日から始められることがわかった
・全部、自分でやらなくて良いことがわかった
・物の片付けばかりに目が向きがちでしたが、母にとって大切な物を選んだり、安全を整えたりすることが大切だという事がわかりました

 

内閣府のHPで紹介されている平成24年版 高齢社会白書 を参考に

私の場合は・・・?

ということについてお話しました。

 

「高齢化」をとりまく問題は地域によってもずいぶん違います。

 

今回は

遠方にお住いの親御さんに関する不安

◆同居のお姑さん、両親の高齢化にともなう漠然とした不安

をお持ちの方が参加してくださいました。

 

「作戦会議」では、自分と家族の近い将来を俯瞰して

今できること

について具体的にピックアップしていきました。
話題は片付けだけでなく

エンディングノート、認知症の症状が出てきた時の接し方などについても。

 

このときは、藤沢市在住の介護前整理アドバイザーたかだきょうさんにも参加していただきました。

きょうさんは、藤沢を中心にシニア向けのセミナー、

イベント主催で活動されています。

元ナースであり、ライフオーガナイザー仲間でもあります。

整理収納だけではなく「介護」「災害」関係に詳しい方です。

 

茶話会やグループコンサルには、私以外のライフオーガナイザーやその他の専門家が参加することがあります。

事前にわかる場合は告知記事でお知らせしていますが、飛び入りの回があることも。

たまたまそういう回に参加された方はラッキーですね(#^.^#)

 

話をしてみたい、聞いてもらいたいと思って

お客様の想定エリア外からのご相談でした。

実際にお会いする前にメールでやり取りをして、当日は一番知りたいこと、必要なことについてお話しできるように準備しました。

お呼びがかかれば全力で調整して伺っております。

Hさまはワーキングウーマン。
訪問作業をご希望でしたが、メールで何度かやり取りしているうちに
「何をどうしたら良いのかわからない」
状態にあることにご自身で気づかれました。

まずは頭の中の整理から・・・

という事で「お片付け相談」をご利用いただくことになりました。

■Hさま(40歳)女性■
どんなことでお悩みでしたか?
・片づけてもリバウンドしてしまう
・片づけのゴールがハッキリしない実際に相談してみていかがでしたか?
・片づけられないことを責めている気持ちが軽くなった
・とりあえず、始めてみることが具体的に決められて良かった

 

お仕事がお忙しく、日ごろのご家族の何気ない一言も
「責められている」
と感じることもあったそうです(T_T)

わかる~
わかりますよ~

他人ごととは思えない~。

現状についてじっくりお話を伺い、
具体的なお片付けをすすめていく方法について
お話しました。

目指すゴールイメージについても(*^▽^*)

「自分の事なのに難しかったです」
とも。

悩んでいる時って、もはや自分が何をどうしたいのかもわからなくなっていることがあります。

少しずつ、今お悩みの事を整理して
今できることをいくつか提案させていただきました。
今後のお片付けの進め方についても。

最初は緊張した様子でしたが途中からは笑顔も~(‐^▽^‐)
和やかなムードのうちに終了しました。

Hさまはインターネットで片付け方を検索していて私のブログにたどり着いてくれたそうです。
「片づけに悩んでいた経験などが書かれていたので、話をしてみたい、聞いてもらいたいと思って」
連絡をくださったそうです。

ブログを書いていて良かった~
と思いました。

ブログを読んで、メールでやり取りをしていたとはいえ、
見ず知らずの者(私)に相談するのはとても不安だったことと思います。
数々のハードルを乗り越えて会いに来てくださったこと、
とても嬉しく感謝の気持ちでいっぱいです。

これからも全力でサポートさせていただきます!

[茶話会参加者様のご感想]仲の良い友人ともできない話ができた

お仕事にも共通点がある方でしたので

在宅のケアのお話なども少し。

■Nさま 50代 ■
◆どんなことでお悩みでしたか?
家族との関係
◆何がきっかけで知りましたか?
協会の「ライフオーガナイザー紹介」ページで◆すぐに相談しましたか?
すぐにメールしました◆決め手は何でしたか?
近かったから

◆今回のご感想は?
仲の良い友人ともなかなか話せない話ができた

 

片づけの事、仕事の事、ご家族の事に加え

受講をお考えのライフオーガナイズの講座についてもお話しました。

 

整理収納関係にも詳しく、大変行動力もあるパワフルなお姉さんでした☆

じつは「スーパー主婦」なのでは?

 

私が九州出身であることと、

ナースであることも興味を持っていただけた一因だったそうです。

片づけ、断捨離…といった話に興味を持ってくれる人が周りに少ない、

ということもお話されていました。

 

これは私も経験したことです。

今でこそ「片づけ」がテレビでも特集され、興味をお持ちの方も多いですが

「モノが多い家」に関する共通体験を持った方は私の周りには皆無。

私自身想像を絶する世界でしたし、

身内の話をするのはちょっとできませんでした。

…引っ越してきたばかりで話せる相手もいなかったのですが。

 

「親の家」などが悩みの場合、やるせない気持ちや、怒りの原因は身内ですよね。

身近な人には話せないことも多いと思います。

話さない方が良い場合もあるかと思います。

 

話すとしても、自分で何をどう伝えたいのか整理してからの方が良いと思います。

感情をぶつけ合うだけでは、さらに別の問題が発生する恐れも。

私は「片づけ」が原因で家族が崩壊する危険もあると本気で考えています。

 

ましてやご近所の友人には…

言いにくいですよね。

そういう時はライフオーガナイザーにお話ししてみてはいかがでしょう。

同じような悩みを抱えた方は多いですよ。

誰から話を聞くかは大切ですが、

誰に話すのか

という事もとても大事な事です。

お世話する人、される人が気持ちよく過ごせるお部屋づくり

 

看護師として10年近く救急(ER、ICU)、外科系を中心に病院勤務をして参りました。

救急外来も担当していましたが、

「家庭内の事故」で悲惨な状況になっている方が大変気になりました。

「え?そんな事で?」

と思うようなことが命にかかわるような事故のきっかけになっている事がありました。

hp

家の構造などに関しては、リフォーム、バリアフリー化などで対応できますが、

床にモノがあふれ、

地震があれば崩れてきそうなモノの中では再び事故の原因となってしまいます。

何より日常生活に支障が出てきます。

 

環境整備は基本となる事ですが、

生命の維持に重きを置かれる世界では二の次にされがちです。

「ライフオーガナイズ」を通じて少しでも

快適で安全な生活環境を作るお手伝いがしたい

と思うようになりました。

 

人工呼吸器、人工透析器、輸液ポンプなどをはじめとした

様々な医療機器を扱っておりましたので、

在宅で医療機器をお使いの方の

病床、環境整備のお手伝いもさせていただけたら嬉しく思います。

家庭での介護、看護に必要な物品の配置とストック品の管理、運用方法など

状況に合わせてわかりやすく使いやすい仕組み作りのお手伝いをいたします。

 

個人での活動ですので看護・医療行為はできませんが、

安全に配慮し病床整備のお手伝いをいたします。

緊急時には一次救命処置を救急車、医療機関に引き継ぐまで行います。