安心していろいろ話すことが出来たのはとても良かったです

お仕事が超多忙ながら持病もあり体調が不安な方の「お片付け相談」でした。
 メールセミナー、メルマガ、ブログを読み込んで、連絡をくださいました。

年齢も同じ、私も同じような気になることもあって親近感アップ(^^♪

■Iさま 40代女性 健康に不安がある超多忙なワーキングウーマン ■
どんなことでお悩みでしたか?
引っ越し以来の荷物を片付けることができず困っていました。
◆何がきっかけで知りましたか?
ブログを見て

◆すぐに相談しましたか?

なかなか相談できず、まずはメルマガ登録をさせていただきました。そのメルマガやブログを読ませていただくうちに、三浦さんの思いやお人柄などが分かり、お願いしたいなと思いました。

決め手は何でしたか?

持病がある為、家での療養を快適するための片付けにも関心がありました。
片付けに関するお仕事をされてる方は増えていると思いますが、看護師の資格&経験をお持ちの方はなかなかいらっしゃらないと思います。又、「片付けナース」のネーミングがすごく響きました。

実際に利用してみていかがでしたか?

約2時間、思ってた以上にとても丁寧なカウンセリングでした。ただ話を聴くだけではなく、私の利き脳や体調を含めての状況などを分析していただいて、まずどのように何をどこからするべきなのかという具体的なご提案をいただいたのは、とてもモチベーションアップにつながりました。

また体調を考慮しての作業時間の計画なども非常にありがたかったです。
三浦さんご自身が今までのご経験の中で培われてきたスキル(信頼関係構築力やコミニューケション力、特に受容力)がある方なので、安心していろいろ話すことが出来たのはとても良かったです。

 

アンケートの結果をいただき、思わず涙がこぼれてしまいました。

「片付けナース」としてやってきてよかった。

私の存在を必要とする方に巡り合え、少しでもお役に立てたことが本当に嬉しく

今後の励みになりました。

Iさま、ご多忙中のご依頼、アンケートへのご協力、ありがとうございました。

アンケートに書き添えられたこの近況がまた素晴らしいのです!

「先日、三浦さんにアドバイスいただいたことを参考にしながら、○○だけ自分で整理してみました。

好きを基準にすると選ぶ事が出来ました。
また自分の好みがよくわかりました!」

生活していく上での優先順位、というものが人それぞれにあります

私自身は、

1、健康

2、仕事

3、家庭(プライベート)

という順番で予定を優先させています。

独身の頃は2、1、3という順番でした。

仕事はつつがなく進行し、信頼も収入も得られましたが、いつも疲れていました。

若いころは少々無理しても気力と体力で頑張れましたが

年齢を重ねてくると、どうしても無理が生じてきます。

あれもこれも欲しい!

ではどれも中途半端になるどころか失ってしまう場合も。

実際失ったものも多くあります。

そういう部分でIさまもやるべきこととやりたいことは山ほどあるのに体調不良も相まって思うように動けないジレンマのようなものがあるのではないかと感じました。

Iさまへのヒアリング分析結果から一部抜粋します

「好きな物、使用頻度が高いものとそうでないものをしっかり分けて、置き場所を決めることができれば物が増えすぎたり、使いたいときに見つからない、というストレスが無くなると思われます。

全てが混在していることが、整理しにくい減らせない、という原因になっているようです。

何をどれくらい持っているか、一度自分で把握することで自分の好み、買い物のクセなどがわかると思います」

 この部分を受けて早速行動に移されたIさま。

「行動する」という事はなかなか簡単にできることではありません。

今回の相談がきっかけとなり、無理のない範囲で行動し

理想の空間の実現に一歩近づくことができました。

行動のきっかけに一役買えたことがとても嬉しいです。

今後も精いっぱいサポートさせていただきます。

やけどをした時、病院へ行くか家で様子を見るかの基準は?

 

火災のニュースが増えてきましたね。

今回は「やけど」=熱傷 についての記事です。

 

やけどが増える時期

 

本格的な冬を迎え、寒くなってくると職場(病院)では

「そろそろやけどの季節だね~」という話題が出てきていました。

重症熱傷なども受けていましたので様々な熱傷患者さんに出会いました。

 

年末~年始にかけて火傷で搬送される方が多くなる時期です。

火事だけでなく、暖房器具や熱湯を使う機会が増えることもありますが、

中にはいろんな理由で灯油をかぶって・・・・・という方も。

 

子どものやけどは要注意

子どもさんの場合は

・ラーメンのお湯

・シャワーの温度が高くなっていたのを知らずに使って・・・

という日常生活の中での受傷が多かったです。

 

火傷は主に受傷範囲と深さで予後が左右されます。

 

湯たんぽでやけど?

 

カイロ、湯たんぽなどでも低温やけどはおきますので

使用時は本当に気をつけてください。

 

湯たんぽの場合は範囲が狭くても

深いやけどになっていることが多いので要注意です。

 

ちょっと特殊なケースでしたがお風呂の追い炊きで・・・という方もいらっしゃいました。

低温やけどが疑われる時は必ず病院へ

見た目よりも重傷な事がありますので

念のため受診された方が良いと思います。

 

 

やけどをした時は…

 

もしもやけどをしてしまった時は、とりあえず冷やす!!

流水で冷やすのが基本です。

 

受傷部位にもよりますが、水道から直接かけるとかなり痛いので、

桶などに水をためて患部を浸し、水を流し続ける・・という流水解凍のような形で冷やすのが良いと思います。

 

そして、薬などは塗らずに病院を受診してください。

 

特に味噌とか油を塗って受診するのはやめてねヽ(;´ω`)ノ

まず、それらを除去することから始めないといけないので時間もかかるし痛みも増えます。

 

 

病院に行く目安は?

 

受診の目安は水ぶくれになってしまった・・・というくらい。

皮膚の表面が少し赤くなるだけ、くらいなら家で様子を見て大丈夫かと思いますが、

この場合でも範囲が広いときは念のため受診された方が良いと思います。

 

目安としては腕一本、足一本でしたらこれくらい・・と思わずに病院へ!

特に小さい子どもの場合は体も小さいので

腕1本でもかなりの受傷範囲になります。

 

片腕で約10%に数えられます。

受傷面積が大人であれば20%、子供では10%を超えると生命の危険があります。

 

水ぶくれができる状態ですと、破れた時などに感染の危険がありますので

きちんとした処置を受けることをお勧めします。

 

やけどの治療は「形成外科」が担当します。

(皮膚科などで診るところもあるでしょうが重傷なものは形成外科で診ることが多いと思います)

 

冬だけじゃないやけどの危険

 

冬に限らず火傷の危険性は年中いたるところにありますので

本当に注意が必要です。

夏はバーベキュー、墓参りや仏壇のろうそくで・・・という事も多いです。

 

 

何度も手術が必要になることが多く、

治療にも痛みを伴う事が多いので

まずはやけどをしないように十分気をつけましょう。

 

 

火を使う周囲は片付けを

 

キッチンのコンロ

ストーブやヒーター

卓上や野外でのカセットコンロなどの周囲

お湯を入れたポットなど…

 

周りにモノが落ちてきたり、引火しないように十分整理整頓をしましょう。

 

ベッドサイドに置いていた電気ストーブに布団がかかってボヤ騒ぎ…

という事が私の身近でもありました。

カップラーメンを作っている途中にひっくり返してやけど、という事も多いですよ。

火を使わないから大丈夫、というわけでもないので十分気をつけましょう。

 

 

 

 

あっという間の2時間でした

 メールセミナーを受講されている方の「お片付け相談」でした。
 受講を始めた時から、ワークにマメに取り組まれ、
その結果をメールでお知らせしてくださいました。

 

理想の生活や、好きなこと、大切な事についてのメールは
私もワクワクしながら読ませていただきました。

 

メールの文面から、季節感を大事にし、家族や友人を大切にする優しい方なんだろうな~(#^.^#)
と思っていましたが、ドンピシャ!
想像通りの優しい方でした。

 

■Sさま 40代女性 片付け迷子さん(?) ■
どんなことでお悩みでしたか?

家族が片づけてくれない事。
食器棚の収納について悩んでいた。

◆何がきっかけで知りましたか?
ライフオーガナイズのサイトから、知りました。

◆すぐに相談しましたか?
最初は、ブログを拝見して
そしてメールしました。

決め手は何でしたか?
同じ市内に住んでいる事

実際に利用してみていかがでしたか?
とても話しやすくて、楽しかったです。
今日はあっと言う間の2時間でした。
自分のタイプなど知れて、勉強になりました!

 

Sさまは、ライフオーガナイズを知る前に
ほかの片付けのプロの方のサービスをご利用でした。

物によってはとても効果的に「減らす」ことができたそうです。

だけど…

大好きな食器については難しかった、と。

お話し通り、「大好き」が詰まった素敵な食器棚でした。

cropped-1-1.png

「減らす」ことで、出し入れもしやすくなり
スッキリ見えることは事実です。

「捨てない」から始める「ライフオーガナイズ」ですが、

◆何をどこに置くか
◆どんなものをどれだけ持つか
◆片付いた状態をどうやって維持するか

という事を進めていく中で多すぎるモノを「減らす」という作業は欠かせません。

 

「捨てましょう」
「必要ですか?」

いきなり聞かれても
「好きで必要だから…」としか答えようがない方が大部分ではないでしょうか。

私たち「ライフオーガナイザー」はいきなり「捨てる」ことをすすめたり
強要することはありません。

 

自分で納得して「処分」できるようにじっくり向き合います。

そのために参考になるのが「きき脳」、「行動チェック」。
自分の行動や、思考の癖がわかるので
あなたに合った片づけの方法がわかりますよ(#^.^#)
家族との違いが分かったことで
「す~っと」気持ちが楽になった、という方も多いです。
きき脳は、簡単に調べることができますが、「行動チェック」はチェック項目が多いので
「お片付け相談」を申し込まれた方のみ行っております。

 

Sさま、相談後1か月メール、電話等にて追加料金なしでフォローしますので
ご利用くださいね。

 

 

 

自宅での相談を元に、まずは自力で頑張りたい

いずれサポートをお願いすることになるかもしれないけれど、
自宅での相談とアドバイスを元にまずは自力で頑張りたい
…という私と同世代の女性からのご相談でした。

■Mさま 40代のワーキングマザー ■
どんなことでお悩みでしたか?
・探し物が見つからないことが多い
・見た目がごちゃごちゃしている
・無駄な収納スペースや空きスペースが多い

◆何がきっかけで知りましたか?
ネット

◆すぐに相談しましたか?
すぐに相談した

決め手は何でしたか?
・料金が安い
・実作業なしで相談のみできる
・近いので交通費が安価で済む
・その人に合った片づけ方法を紹介してくれると感じた

◆今回のご感想は?
実際に自宅に来てもらい状況を見ながら相談できたので自宅にお願いしてよかった
行動タイプチェックの結果があまりにも当たっていて納得したことと、それに伴う片づけ方法も的確だと感じた

 

今回は、お宅訪問によるお片付け相談でした。
お宅訪問時のご相談には相談料金に加え
往復分の交通費をいただいております。

cropped-1-1.png

写メでも大丈夫ですよ、とは言うものの、百聞は一見に如かず。

訪問するとお悩みの原因が一目瞭然。

Mさまの場合は「定位置が決まっていないこと」が一番の原因でした。

用途別、種類別、使う人別、など状況に合わせて分類し
配置しなおすことでお悩みは解決するとお見受けしました。

お子様のスペースや物についてもお悩みでしたが、ざっと拝見したところ
やはり「置き場所」が決まっていないがゆえにモノが点在している様子でした。

 モノの定位置を決めるには、
・家族がどのように動いているのか
・使用頻度は?
といったことと合わせて考えていきます。

一度で定まることは難しいかと思いますが、
何度か場所や置き方を工夫することによって
ピッタリな方法がみつかります。

そのために参考になるのが「きき脳」、「行動チェック」。
きき脳は、簡単に調べることができますが、「行動チェック」はチェック項目が多いので
「お片付け相談」を申し込まれた方のみ行っております。

自分の行動や、思考の癖がわかるので
あなたに合った片づけの方法がわかりますよ(#^.^#)

Mさま、相談後1か月メール、電話等にて追加料金なしでフォローしますので
ご利用くださいね。

 

 

一生モノの「片づけマインド」を身につける

下書きを繰り返し、長い間寝かせていましたが
本日思い切って公開させていただきました。

➡ 一生モノの片づけマインドを身に着ける7stepの購読申し込みはこちら

メルマガを始める時には何かプレゼントを…
と、考えていたのですが、登録時のプレゼントではなく
内容に合わせて配布していく方式にしました。

今後、メルマガ登録キャンペーンなどを行う際には
初期から登録してくださった方にもプレゼントをお届けできるようにいたします。

「片づけマインド」とは…

あなただけの片付けの動機、目標、行動基準となるもの。

その基準は、「片づけ」だけではなく、
あなたの暮らしをよりスムーズにするためにも役立ちます。
この基準を「片づけマインド」と呼ぶことにしました。

その基準は、あなたの中にすでにあります。
どんな本にも書いていないことです。


「片づけマインド」を身につけることによって

1、8日間のメールセミナーを通じて一生モノの「片づけマインド」を身につけます。
2、あなたが本当に目指したいあり方に気づき、ゴールイメージを見つけることができます。
3、あなたが、そのゴールイメージに近づくために行動できるようになります。



ライフオーガナイザーの資格と取って4年

ブログでの情報発信を中心に活動してきました。

私がお伝えしたいのは片付けのテクニックではない、という事に改めて気づきました。

ただ「モノ」を移動させるだけでは満足できない。
やってもやってもきりがない。
そんな状況から抜け出すには、自分なりの基準を持つこと。
ゴールを設定して行動することが大切だと
16年に及んだ義実家の片付けの中で私自身が実感しました。

ゴールイメージ、と聞くと難しい感じがするかもしれませんが
「あなたが大好きな事や物は何?」という事を
ぜひ、思い出していただきたいのです。

日々の生活の中では理想通りにいかないことばかりです。
それでも何か一つだけでも、「好きな物」があれば頑張れる。
手を動かしていればモノの山は必ずなくなります。

片付けは孤独な作業でもありますが
夢や理想に近づくためのクリエイティブな作業でもあります。

私がお宅に伺って一緒に作業することもできます。
家に来てもらうのは難しい、という場合はメールや電話でサポートすることもできます。

このメールセミナーに登録していただくとまず、8日間
毎日私からのメールが届きます。

その中で、「思考の整理」につながる質問を何回かさせていただきます。
答えを自分で書いていくことで、あなたなりの基準がわかるようになる。
そんなきっかけになるようなメールセミナーを作りました。

お気軽に登録していただけると嬉しいです。


このメールが、あなたが目標に向かっていく時の伴走者となりますように。

タイトルは7stepですが、メールセミナーは8日間です(;^_^A
登録のお申し込みページに目次を載せています。

➡ 一生モノの片づけマインドを身に着ける7stepの購読申し込みはこちら

きき脳「左右タイプ」理想と現実のギャップに悩む自己矛盾型

指組で左の親指が下に来る
腕組みで右腕が下(体に近い)に来る、という方は
インプット左脳、アウトプット右脳の「左右(さう)タイプ」

kikinou

理論的に物事を取り入れて感覚的に表現するタイプ
理想と現実が一致せず、悩む方が多いと言われています。

「片付け」についてはなかなか一筋縄ではいかず「難しい」と言われるタイプです。

でもでも~。

この「左右タイプ」さんは自分のやり方、価値観を見出すことができればバッチリ!イケるのです。

見た目よりも中身重視。
自分が納得していればOK!


私の実家の家族は私以外全員「左右タイプ」でした。
「自分で」納得したものしか取り入れたくない傾向が強いです。
私自身は
「面白そう」と思ったらあれこれ試したくなるタイプなので
昔はそういう部分でぶつかることも結構ありました。

ストレスもかなりあった(お互いに)のですが、互いの違いを知り、納得できるとそういうストレスがス~っと無くなっていくような気がしました。
「ああ、そうだったのか」
といった感じです。
良い、悪いではなく
「そういうものか」と自然に受け入れることができるようになりました。

違いを知り、受け入れる
という事ができるようになれば大部分のストレスは軽減するのかもしれないですね。

きき脳「左左タイプ」計画上手な理論派

指を組んだ時、左の親指が下になる。
腕を組んだ時、左腕が下(体に近い方)に来る、という方は
インプット、アウトプットともに「左脳」

「左左(ささ)タイプ」です。

kikinou

左脳」タイプの特徴として

論理的、分析的、几帳面、コツコツタイプ

という事があげられます。

「片付けは得意」という方が多いといわれています。

そういうと、
え~?全然当てはまらない~・・・(´・ω・`)

という方、多いです。

そういう方は、
片づける時間が取れなかったり、
そもそも片づけの優先順位が生活の中で低い、

といったことなどが原因の事が多いです。

モノだけではなく、いまの生活状況を振り返ってみてください。

モノの整理はもちろんですが、時間管理が必要とされている場合も。

モノが多くて・・とお悩みの方も「左左タイプ」の方は
いざとなると「要・不要」の判断が早い方が多い
です。
始めると意外に早く片付くと思いますよ(o^-‘)b

その他の特徴としては…

・数字や文字情報の方が把握しやすい

・見た目よりも機能性、合理性を重要視する

・たくさんの色や音はストレス

…いかがですか?

 

納得しないと行動できないという論理的な方です。

自分で納得いく方法が見つかり、仕組みができればいつもきれいな空間を保つことができますよ(^^♪

 

きき脳「右左タイプ」見た目重視の完璧主義者

指組で右の親指が下に来る
腕組みで左の腕が下(体に近い)に来る方はインプット右脳、アウトプット左脳

「右左(うさ)タイプ」です。

kikinou

物事を感覚的にとらえ(右脳)、緻密さをもって(左脳)表現しようとする。
…イメージを優先するけれど実現が難しく行動できなくなるタイプ。

一言で言い表すと・・・
見た目重視の完璧主義者

何事も「自分で」決めたい
デザインセンスがある
「最新」「限定」に弱い

見た目にこだわり「美しさ」を追求

といったような特徴があると言われています。

このタイプの方は「形から入る作戦」がおススメです。

通常は、モノの整理をして置き場所なども決めてから収納用品を購入することをおススメしますが
このタイプの方は「先にお気に入りの収納用品をそろえる」ことでモチベーションが上がりお片付けが進むタイプと言われています。

持ち物を厳選し、仮置きをして使い勝手を確かめてから収納用品を購入されたほうが無駄はないと思いますが。
何を隠そう、片づけで一番多く出るごみは「使わなくなった収納用品」というケースは多々あります。

拘りすぎるあまり作業が終わらず、もう嫌になってしまうケースも多いですね。
そんな時はお気軽にライフオーガナイザーにお声かけくださいね☆

私の夫がこのタイプです。
カタチから入る作戦は絶大な効果をもたらしました(*^-^)b

きき脳「右右タイプ」楽天的な感覚人間?

指組で右の親指が下になる

腕組みで右の腕が下(体に近い)になる、という方はインプット、アウトプットともに「右脳」

「右右(うう)タイプ」です。

 

右脳の特徴としては、感情的、芸術的、直観的な働きがあげられます。

なんかいいかも!(・∀・)

で行動に突っ走ることが多いタイプ
妄想空想も得意です。
10年後、20年後の夢などわりとスラスラ出てくるのでは?

kikinou

気分に流されやすく本気でやる気にならないと集中力が続かなかったり。

出したモノを元に戻すのが苦手だったり・・・。

これはただ「だらしない」というわけではなくて
すぐに使うものはすぐとれるようにしておきたい!

という根拠あっての事なのです。

クローゼットや洋服タンスの中はガラガラなのに部屋中に洋服をかけている・・・
という事もあるかも。

こういうタイプと、
何事もキッチリ!出したらしまう!
を徹底しないと気が済まない左脳タイプの方が生活を共にすると互いにストレスかもしれませんね。

歩み寄ることも大事ですが
「そういうものなのか・・・」と割り切ると互いに楽になれるかも。

右脳タイプさんにはなるべくワンアクションでできる収納がおススメです。
フタをあけたり、扉を開閉したり・・・という動作を極力減らす。
使うモノは使う場所に置いておく。
生活動線を考えた収納を考えましょう。
ビジュアルにもこだわるタイプなので気に入ったかごやバスケットなどを利用したざっくりとした仕分けが使いやすいと思います。
細かく分けすぎると面倒になってしまうタイプです。

片付け苦手~、という方が多いと思いますが
美的センスに長けている方が多いので、「美しい」収納システムを作り上げることも可能です。
「好き」「使いやすい」を大事にして、自分の世界を作ることができるタイプです。

かくいう私も「右右タイプ」
長年左脳系家族に囲まれ、仕事も根拠と規律を重視される職場だったので、かなり左脳的な行動が多くなっているように思いますが。
一見「右右らしくない」とはよく言われます(^^;

私の場合は自分と家族が「使いやすい」「心地良い」
という事を重視しています。

オシャレな家ではありませんが夫と二人、割と快適に暮らしています。
そろそろビジュアルを追求したいと思っているところです。

「きき脳」~脳の働きとお片付けの関係は?

「きき脳」とは・・・

人には利き手や利き目・・・など無意識によく使っている方がありますね。
行動するには「脳」が情報を取り入れ判断し、指令を出しています。
感覚的な右脳
理論的な左脳
普段の行動がどちらよりかな~、ということで
その方の行動の傾向
得意、不得意な傾向がわかる。

普段どちらを優位に使っているかということで情報の得方や行動に影響がある、という説があります。
片づけや収納にその結果を生かしましょう
ということが「利き脳」を取り入れたお片付けです。

 

きき脳チェックでは情報の得方や行動が右脳的か左脳的か、という事を調べます。

 

インプット~情報を取り入れる働き

アウトプット~インプットした情報を基にした行動

という風に考えてください。

 

これを「片付け」に当てはめると

インプット~モノを探す時

アウトプット~モノを配置する、元に戻す

という事になります。

kikinou

 

■きき脳の調べ方■

指組み・腕組みでチェック                                   インプット→指組:親指の位置が下になった方
右親指が下なら利き脳は右脳

アウトプット→腕組み:体に近いほうの腕(下になった方)
左手が下になったなら利き脳は左脳                    上記画像のイラストでは右が下=アウトプット 右脳

 

右と左の組み合わせで4通りに分類できます。

・インプット右脳 アウトプット右脳 → 右右タイプ

・インプット右脳 アウトプット左脳 → 右左タイプ 

・インプット左脳 アウトプット左脳 → 左左タイプ

・インプット左脳 アウトプット右脳 → 左右タイプ

 

「きき脳」に関しては様々なご意見が出ると思います。
私も正直「ふ~ん…」という気持ちでした。

自分や周囲の人、お客様などのきき脳を実際の行動と共に見ていると
「確かにそんな傾向はあるな~」
と思うようになりました。

この「きき脳」は親子兄弟といえども同じではありません
まさに「個性」といって良い部分であるかもしれません。

「あるある~」という部分と

「そうかな~」と思われる部分があると思いますが、大体の傾向として参考になる部分を取り入れてもらえば「片付け」がしやすくなります。

きき脳の違いから互いの違いを知る、ということでストレスが軽くなった
というお話もよく聞きます。

各タイプで使いやすい、と言われている収納用品の選び方、使い方もあります。

それぞれのタイプについては別記事でご説明します。