[開催報告と参加者様のご感想]親の家を片付ける前の作戦会議

お盆休みに入る前に「親の家を片付ける前の作戦会議」というテーマで

茶話会的なグループコンサルを開催しました。

■参加された方の感想■
・良かった 具体的に明日から始められることがわかった
・全部、自分でやらなくて良いことがわかった
・物の片付けばかりに目が向きがちでしたが、母にとって大切な物を選んだり、安全を整えたりすることが大切だという事がわかりました

 

内閣府のHPで紹介されている平成24年版 高齢社会白書 を参考に

私の場合は・・・?

ということについてお話しました。

 

「高齢化」をとりまく問題は地域によってもずいぶん違います。

 

今回は

遠方にお住いの親御さんに関する不安

◆同居のお姑さん、両親の高齢化にともなう漠然とした不安

をお持ちの方が参加してくださいました。

 

「作戦会議」では、自分と家族の近い将来を俯瞰して

今できること

について具体的にピックアップしていきました。
話題は片付けだけでなく

エンディングノート、認知症の症状が出てきた時の接し方などについても。

 

このときは、藤沢市在住の介護前整理アドバイザーたかだきょうさんにも参加していただきました。

きょうさんは、藤沢を中心にシニア向けのセミナー、

イベント主催で活動されています。

元ナースであり、ライフオーガナイザー仲間でもあります。

整理収納だけではなく「介護」「災害」関係に詳しい方です。

 

茶話会やグループコンサルには、私以外のライフオーガナイザーやその他の専門家が参加することがあります。

事前にわかる場合は告知記事でお知らせしていますが、飛び入りの回があることも。

たまたまそういう回に参加された方はラッキーですね(#^.^#)

 

話をしてみたい、聞いてもらいたいと思って

お客様の想定エリア外からのご相談でした。

実際にお会いする前にメールでやり取りをして、当日は一番知りたいこと、必要なことについてお話しできるように準備しました。

お呼びがかかれば全力で調整して伺っております。

Hさまはワーキングウーマン。
訪問作業をご希望でしたが、メールで何度かやり取りしているうちに
「何をどうしたら良いのかわからない」
状態にあることにご自身で気づかれました。

まずは頭の中の整理から・・・

という事で「お片付け相談」をご利用いただくことになりました。

■Hさま(40歳)女性■
どんなことでお悩みでしたか?
・片づけてもリバウンドしてしまう
・片づけのゴールがハッキリしない実際に相談してみていかがでしたか?
・片づけられないことを責めている気持ちが軽くなった
・とりあえず、始めてみることが具体的に決められて良かった

 

お仕事がお忙しく、日ごろのご家族の何気ない一言も
「責められている」
と感じることもあったそうです(T_T)

わかる~
わかりますよ~

他人ごととは思えない~。

現状についてじっくりお話を伺い、
具体的なお片付けをすすめていく方法について
お話しました。

目指すゴールイメージについても(*^▽^*)

「自分の事なのに難しかったです」
とも。

悩んでいる時って、もはや自分が何をどうしたいのかもわからなくなっていることがあります。

少しずつ、今お悩みの事を整理して
今できることをいくつか提案させていただきました。
今後のお片付けの進め方についても。

最初は緊張した様子でしたが途中からは笑顔も~(‐^▽^‐)
和やかなムードのうちに終了しました。

Hさまはインターネットで片付け方を検索していて私のブログにたどり着いてくれたそうです。
「片づけに悩んでいた経験などが書かれていたので、話をしてみたい、聞いてもらいたいと思って」
連絡をくださったそうです。

ブログを書いていて良かった~
と思いました。

ブログを読んで、メールでやり取りをしていたとはいえ、
見ず知らずの者(私)に相談するのはとても不安だったことと思います。
数々のハードルを乗り越えて会いに来てくださったこと、
とても嬉しく感謝の気持ちでいっぱいです。

これからも全力でサポートさせていただきます!