離れて住む両親の家が心配

離れて住む病気療養中のご両親の生活をより良いものにしたい
というご夫婦からのご依頼でした。
■Mさま 80代のご両親の住まいについて ■
どんなことでお悩みでしたか?
両親がもっと楽に、便利に生活できるようにと思いながら

うまくアプローチができていなかった

◆何がきっかけで知りましたか?
協会の「ライフオーガナイザー紹介」ページからブログを見て

◆すぐに相談しましたか?
すぐに相談しました

決め手は何でしたか?
介護、入院、手術のタイミングで今後、両親の生活、住居をどうしたら良いか悩んでいた

◆今回のご感想は?

家を見ていただいて、お話を聞けて良かったです。

 

ナースとしての知識を求められてのご依頼でした。

片づけの事に加え、

・どこに何を相談したら良いのか

・ご病気の悩みを持つご両親との接し方について

・今後、困ったことなどをキャッチするための情報の取り方

・得た情報の利用の仕方

…などについてお話しました。

ご両親とは本日はお会いできませんでしたが、
とっても綺麗にお住まいで、工夫の後も伺えて胸が熱くなりました。
 
物の配置、動線の工夫の余地はまだまだありますが…
 
長年の習慣の問題もあります。
 
年齢を重ねてから
新しい習慣を身に着けるには時間もかかります
「めんどくさい」
「前の方が良かった」
という事になりがちです。
 
あまりに急激に部屋の様子や
収納の仕組みを変えてしまうのは
かなりストレスになりますので
様子を見ながら少しずつ…
子どもさん夫婦でお手伝いしていく、ということになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です