介護する方、される方が気持ちよく過ごせるお部屋づくりを目指し、
「片付け」が原因で辛い思いをしている女性をなくすことで
もっと楽で生きやすい環境づくりに貢献したい
小田急沿線の片付けナース ライフオーガナイザー三浦千枝です。

2000年の春から、夫の実家の片付けをしています。

義父が亡くなって空き家になってしまった家はモノがギッシリ!
一軒丸ごと倉庫、タイムカプセルのような状態でした。

毎週末、100キロ余りの道のりを通い、遺品整理と掃除、ごみ処理の日々。
挙式後間もなくの出来事だったので、新婚旅行はキャンセル。

休日全てが夫の実家の管理に費やされ、
私にはもう楽しいことはやってこないのではないか…
と思う時期もありました。

九州で生まれ育って30年以上過ごした私。
結婚後、神奈川県に引っ越してきたのですが
知人もまだ誰一人いない状態で孤独な日々を送っていました。
捨てても捨てても変わらない景色。

途方に暮れる中、「ライフオーガナイズ」という
「捨てるから始めない」整理術に出会いました。

ライフオーガナイズは、思考の整理、
片付けた状態を維持することを大切にしています。

ライフオーガナイズの技術を取り入れてから、
あんなにモノが多かった家が少しずつ変わっていきました。

それと同時に私も心の安定を取り戻し
第2の人生を新しく歩むきっかけとなりました。

私の前職は看護師。
看護の基本として環境整備は欠かせない部分です。
2012年、ライフオーガナイザーの講座を受ける中で
看護師と共通する部分がたくさんあることに気づきました。

現在は、看護師としての知識と経験を活かし
シニア世代や持病がある方、健康に不安がある方の「お片付け相談」
オーガナイズサポート(思考、モノ、空間の整理)を中心に活動しています。

親世代の片付けも気になる
30~60代の女性からのご相談を多く承っております。
まずは気になっていることからお話してみませんか?

「片付けナース」予約可能日はこちらのサイトからもご確認していただけます

 

片付けナース

ライフオーガナイザー三浦千枝は「一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会」の正会員です。